2016年5月25日水曜日

●水曜日の一句〔上田貴美子〕関悦史


関悦史









ぺん執るや言葉ひつこむ十三夜  上田貴美子


書くべきモチーフが視野の端にちらちらしながらもそれを「書けない作家」という主題は、古い純文学などでよく目にした気がするのだが、この句においては、その描かれようがいかにも軽快で、あまり深刻な苦悶は感じさせない。

モチーフが捕まえきれない悩ましい状況であるにもかかわらず、それを語る上五中七の「ぺん執るや言葉ひつこむ」という対句的表現が、あたかも漫才の掛け合いか餅つきのようなワンセットのリズムを成し、語り手が悩みのなかにうずくまることを許さないからである。こうした状況は何も今回が初めてではなく、いつものことであるらしい。そしてそれを自分で茶化している。言葉となる以前の「前言語的地熱」(蓮實重彦)の高揚と、いざそれを文章化しようとする際に立ちあらわれ、方向をそらしてしまう紋切型表現の相克といった事態が一句の中心を成しているわけでは、必ずしもないのである。

「十三夜」が呼び起こすイメージはまずもって明月である。この点も「書けない」ことの苦悶という主題を一句から遠ざける。「十三夜」月は、そのわずかな陰り・欠落によって、言語化できていない・書けない領域の隠喩を成しているというよりは、書けずにいる状況全体を天から照らし出し、言葉がひっこんでしまったらそれはそれでいいではないかとでも言いたげな明澄な自足を一句に呼び込んでいるのだ。

あるいはこの「十三夜」は、ひっこんでしまった「言葉」と入れ替わりに、その代償として天空にあらわれたのかもしれない。そうであるならば、もはやあえて苦労して言語化する必要もなく、ただその現前と幸福感を享受すればよいというものではないか。……という事態がこの句では言語化されており、しかし句中の語り手はそのことにおそらく気がついてはいない。


句集『暦還り』(2016.4 角川書店)所収。

2016年5月24日火曜日

〔ためしがき〕 視覚の比喩としての存在 福田若之

〔ためしがき〕
像の比喩としての存在

福田若之


虹立ちて忽ち君の在る如し   高濱虚子
虹消えて忽ち君の無き如し

「虹」:像。「君」:存在。

像は立ち、消える。それは見えるか見えないかだ。

存在は在るか無いかだ。

虚子は、この二句において、像を存在の写しと捉えるのではなく、存在を像の比喩としている。

見えるか見えないかが在るか無いかを証し立てるというのではない:虚子の二句は、見えるものは在るとか、あるいは、存在については光学的な語彙で語りうるとかいうような、一切の視覚中心主義から区別される。虹について真に問いうるのは在るか無いかでは全くない。君について真に問いうるのは見えるか見えないかでは全くない。そして、虹が見えているということは、虹が在るということでは全くないし、虹が在るかのようだということでさえ全くない。虹は像にすぎず、像は在るかのようでさえありえない。在るかのようでありうるのは、像ではなく、ただ存在だけだ。像が立つとき、何かが在るかのようだとすれば、それは像ではなく存在なのである。存在は像と決して同一視されてはいない。存在が像によって導き出されることもない。存在と像との間にはいかなる因果関係もない。存在が在ろうが無かろうが、像は立ちうるし消えうる。それでも存在は像の比喩である。おそらく、存在は何らかの仕方で像に似ていると考えられているのだろう。

注意しなければならないのは、ここでは、像が存在の比喩なのではなく、存在が像の比喩であるということだ:像のほうが実態的で、存在のほうが仮想的であるということ。存在は、像という実態的なものから、在るかのようなものもしくは無いかのようなものとしてのみ、把握されている。このとき、存在はもはや在るか無いかではなく、在るかのようか無いかのようかでしかない。

虚子において、どこまでがそうなのだろうか。存在が、どこまでも、在るかのようか無いかのようかでしかないのだとすれば、たとえば、《襟巻の狐の貌は別に在り》の「在り」は、《怒濤岩を嚙む我を神かと朧の夜》の「嚙む」 と同じく隠喩でしかないことになるだろう。

2016/4/12

2016年5月23日月曜日

●月曜日の一句〔須原和男〕相子智恵



相子智恵






揺れ戻す首のちからや白牡丹  須原和男

句集『五風十雨』(2016.05 ふらんす堂)より

牡丹は「花の王」ともいわれる大きくて豪華な花だ。花の華麗な美しさに目が行きがちであるが、掲句は白牡丹の花を支える茎の強さ、しなやかさを詠んでいて発見がある。

風に揺れたのだろう。ぐいっと花が揺れ戻したところに首の力強さを見た。それと同時に、大きく重い花は揺れ戻す反動も大きいので、言外に牡丹の花の大きさ、重さが確かに感じられてくるのである。

紅ではなく、色のない「白牡丹」であるのも、首への注目を無理なくさせる。また、白牡丹と首の「く」の音が重なって、音からも力強さとしなやかさが出ている。

虚子にも、よく知られた〈白牡丹といふといへども紅ほのか〉という白牡丹の本質を発見した句があるが、それに近い観察眼を感じる写生の佳句である。

2016年5月22日日曜日

●パセリ

パセリ

抽象となるまでパセリ刻みけり  田中亜美〔*〕

パセリ嚙む蓬髪の眼は充血し  佐藤鬼房

摩天楼より新緑がパセリほど  鷹羽狩行

雨の朝のたましいにパセリを添えよ  池田澄子

はつなつやかう書いてみむ巴芹なら  中原道夫


〔*〕『俳句界』2016年6月号より。


2016年5月20日金曜日

●金曜日の川柳〔井出節〕樋口由紀子



樋口由紀子






時々は埋めた男を掘り出して

井出節 (いで・せつ) 1944~2005

「埋めた男」とは殺して埋めた男という、物騒な話ではないだろう。自分の分身だろう。自分でも手に負えなくなって葬ったのだ。しかし、平穏に暮らしていくことはできるが、分身の手を借りなければ片づかないものを抱えている。何よりも分身がいないと退屈なのだ。そのために時々分身を「掘り出して」きて、息をつく。自分で埋めて、自分で掘り出す身勝手さ。なんともやっかいな性だ。それをまるで他人事のように、飄々と書いている。

〈一つめの桃は見送ることにする〉〈横顔が複雑すぎる写楽の絵〉〈いかがせむいかがせむとて舞いにけり〉〈哄笑うために赤い鳥居によじ上る〉〈少し長い右手で月を摑まんと〉〈憂きことも無けれど重き菜切りかな〉〈赤いポストを鬼の首と思うとき〉〈五十半ばの河でひたすら桃を待つ〉〈躓いた姿のままで柩に入る〉。井出の柔和でつかみどころのない笑顔を思い出す。そういえば飄々とした人だった。『井出節川柳作品集』(2002年 川柳黎明舎刊)所収。