2016年8月29日月曜日

●月曜日の一句〔マイマイ〕相子智恵



相子智恵






蜻蛉の羽に酸素の行き渡る  マイマイ

句集『宇宙開闢以降』(2016.08 マルコボ.コム)より

秋の空を悠々と飛ぶ蜻蛉。羽には酸素が満ちて、いかにも気持ちがよさそうだ。

季節によって大気中の酸素濃度が変わるわけではないだろうが、秋の空は他のどの季節の空よりも、息がしやすい感じがある。たしかに酸素が行き渡る感じ。

蒸し暑い夏の後にやってくる季節だから、その落差で余計にそう思うのだろうし、秋の空は高い…という見た目のせいもあろう。また、〈秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる〉の頃から脈々と受け継がれる文学的季節感も、もちろんある。蜻蛉の羽に酸素が行き渡る感じは、それらと感覚的につながっている。

ところで本句集は、ビッグバンから現在に至るまでの宇宙の出来事に季語を配して、壮大に遊ぶ実験作だという。多くの句に出てくる科学用語には、作者による注釈が付いている。

この句の注釈によれば、2億9千万年前の石炭紀には翼開長70cm前後のトンボが生きていたらしく、当時の酸素濃度の高さが、昆虫の巨大化と関係しているのかもしれないのだという。

掲句は注釈がなくても詩が感じられるし、注釈を読んだら読んだで、それまで感じられなかった俳味が立ち現れる。注釈を読むことで、別の時間や解釈が生まれる面白いつくりだ。

2016年8月28日日曜日

★週俳の記事募集

週俳の記事募集


小誌「週刊俳句は、読者諸氏のご執筆・ご寄稿によって成り立っています。

長短ご随意、硬軟ご随意。

お問い合わせ・寄稿はこちらまで。


※俳句作品以外をご寄稿ください(投句は受け付けておりません)。

【記事例】

句集を読む ≫過去記事

最新刊はもちろん、ある程度時間の経った句集も。

句集『××××』の一句」というスタイルも新しく始めました。句集全体についてではなく一句に焦点をあてて書いていただくスタイル。そののち句集全体に言及していただいてかまいません。

俳誌を読む ≫過去記事

俳句総合誌、結社誌、同人誌……。必ずしも網羅的に内容を紹介していただく必要はありません。ポイントを絞っての記事も。


そのほか、どんな企画も、打診いただければ幸いです。

2016年8月27日土曜日

●本日の流しっぱなし:何の記念でもなく

本日の流しっぱなし:何の記念でもなく

 ▶ (プレイボタン)をクリック










2016年8月26日金曜日

●金曜日の川柳〔川合大祐〕樋口由紀子



樋口由紀子






中八がそんなに憎いかさあ殺せ

川合大祐 (かわい・だいすけ) 1974~

川柳では(俳句もそうかもしれないが)中八を嫌う。入門書やカルチャー教室でまず指摘されるのは中八。私だって、中八を注意されたことも注意したこともある。それに対して「さあ殺せ」と啖呵を切る戦略性、まいりました。

「そんな憎いか」なら中七。「そんなに」の「に」を入れてちゃんと(?)中八に仕立てている。「に」が入って、中八にしたことによって語調に一気さが出て、迫力が増した。かなりの巧者である。やんちゃなふうに見せて、しっかりと意義を唱え本質を掴んでいる。

「憎い」「殺せ」が、いや「中八」「そんなに」「さあ」もすべての言葉がいきいきと躍動している。川柳のダンスのようで絵柄と動きが浮かんでくる。

〈ぐびゃら岳じゅじゅべき壁にびゅびゅ挑む〉〈三人で磔刑になるさみし、い〉〈れびしいと云う感情がれびしくて〉〈僕の比喩たとえば君は東大寺〉。どの句もサービス精神旺盛で川柳の可能性を実際に示した。『スロー・リバー』(2016年刊 あざみエージェント)所収。

2016年8月25日木曜日

●夜空

夜空

クーラーのきいて夜空のやうな服  飯田 晴

品川過ぎ五月の酔いは夜空渡る  森田緑郎

桐一葉電柱きはやかに夜空  波多野爽波

びわすする夜空ちかぢかありにけり  星野麥丘人

梨むくや夜空は水をふゝみをり  小川軽舟

回線はつながりました 夜空です  なかはられいこ