2014年10月1日水曜日

●水曜日の一句〔鴇田智哉〕関悦史



関悦史








円柱は春の夕べにあらはれぬ  鴇田智哉

シンプルながら含み(というか揺れ動き)の多い句で、しかしそれはメタファーやシンボルの類いとはさしあたり関係がない。

まずこの句は、円柱が春の夕べにあらわれたという事態を報告しているわけではない。

「円柱が」ではなく「円柱は」なのだ。「が」であれば、散策していてたまたま円柱にゆきあたっただけの、実在感確かな、もっとただ事に近い句となるはずである。ところが未知の存在に定義を下すがごとき「は」が「円柱」を奇妙な位相に浮遊させてしまうのだ。円柱「は」春の夕べにあらわれた。ならば他の立体図形たち(あるいは立体図形ですらないかもしれない未知のものたち)は、いつどこにあらわれるのか(あるいはあらわれないのか)。

そして「春の夕べ」で、また少し違和が入る。「春の朝」であれば、「明るくなったので見えてきた」という当たり前の理路が通る。しかしこの句はそうなっていない。かといって「暗くなったにもかかわらず見えるようになった」という逆接的な理路が通っているわけでもない。

どちらの理路をも通らないのであれば、「円柱」は暗くなったから、あるいは時刻的に日暮れ時になったからあらわれたと取るしかなく、ここからこの円柱が闇にぼうっと浮かんで見えやすい白いそれであるかのような印象が出来することとなる。おそらく木製ではない。古代神殿めいた異国的な石造建築のような(それにしても異様なまでにシンプルな)面影が宿るのはこのためである。

しかし、私は先にこの「円柱」に対し「立体図形」と書いた。それが、これではいつのまにか、抽象的な幾何学図形ではなく、具体的な建築の一部分に読解が変わってしまっているではないか。

「円柱」はそのどちらでもありうる名詞なのだ。この「円柱」は古代神殿的建築の一部とも、宇宙か異次元から突如飛来したかのような幾何学図形とも、どちらとも特定できないままに出現しているのである(「あらわれる」というのもそもそも別時空からの不意の参入を思わせる動詞である)。この句の「円柱」は具体・抽象のどちらでもあり得ながら、そのどちらでもない、具体物から抽出された抽象性そのものとして目の前に降臨している。つまり、この句を読むとき、われわれ読者は、現実をよりどころとした抽象性の次元へと不意に連れ出されてしまうのだ。この性質は鴇田智哉の多くの句がもたらす特異な快楽に共通するものであろう。

そして「春の夕べ」の「春」は、この、単に見えるようになったとも、自発的にその姿をあらわしたともつかず、具体とも抽象ともつかない「円柱」に、さらに、無機物とも知性体ともつかないという謎めいた生命感を帯びさせることに決定的に寄与している。夏、秋、冬のいずれであっても、句の多義的な揺れ動きは封殺されてしまうことだろう。

具体に発した抽象とは、逆方向から見れば、抽象から具体への出産のようなものである。出産された「円柱」の温みを、この「春」が句に定着させているのだ。


(なお『大辞林』を引くと、「円柱」には、《腎疾患のとき、尿中に出現する病的な沈渣物。尿円柱》という意味まであるらしいのだが、この句の謎めいた浮遊の印象は、読者に絵解きを強いるような水準から発生しているわけではないので、一般的に知られているとは言いがたい「尿円柱」という解釈は採らずにおく)。


句集『凧と円柱』(2014.9 ふらんす堂)所収。

2014年9月30日火曜日

●大学

大学

大学のなかぬけて来て秋まつり  久保田万太郎

大学の空の碧きに凧ひとつ  山口誓子

大学も葵祭のきのふけふ  田中裕明

大学の門の多さや濃あぢさゐ  井関雅吉〔*〕


〔*〕『なんぢや』第26号(2014年8月27日)

2014年9月29日月曜日

●月曜日の一句〔亀割潔〕相子智恵



相子智恵







崩れゆく花火の上を鳥の影  亀割 潔

句集『斉唱』(2014.9 ふらんす堂)より

大輪の打ち上げ花火が崩れて消えかけている夜空。花火の名残りの明るい空を見ていると、その上を鳥の影がスーッと渡っていった。夜空の中の影という、ふつうは見えない微妙な陰影を繊細に描き出した、絵画のように美しい一句である。

〈崩れゆく花火〉の喪失感と、横切る鳥の影は、夏から秋への移り変わりを深く印象付ける。納涼の花火から渡り鳥の季節へ、静かに季節は移り変わってゆくのだ。季節は巡るが、この瞬間は一度きり。瞬間を切り取りながらも、同時に留まることのない時間というものが描かれていて「あはれ」のある句だと思った。

2014年9月27日土曜日

【俳誌拝読】『星の木』第13号

【俳誌拝読】
『星の木』第13号(2014年7月31日)


A5判、本文20頁。同人4氏の作品より。

恋猫や満月ははや三日月に  大木あまり

ほうたるの出るころといふ床柱  石田郷子

とほるたび鏡に映り夏館  藺草慶子

あをぞらに響きて穢土のほととぎす  山西雅子


(西原天気・記)


2014年9月26日金曜日

●金曜日の川柳〔本間かもせり〕樋口由紀子



樋口由紀子






三点差あるからパンツ穿き替える

本間かもせり (ほんま・かもせり)

野球かサッカーをテレビで観ているのだろう。贔屓のチームが三点差で勝っている。たぶん、このままでだいじょうぶ、今日は勝てる。テレビにかじりついていたが、三点差でやっと余裕が出てきた。

ズボンであっても下着であっても、「パンツ」にインパクトがある。テレビを凝視しながらのその姿を想像して、笑ってしまう。熱狂的なファン心理の可笑しさ、可愛さ。

私の父は大のトラキチだった。試合に勝っていると、必ず夕涼みに出掛ける。観ると逆転されると言うのだ。どきどきしてよう見ておれないのだ。おそるおそる帰ってきて、どうだったと玄関の戸を開けて聞く。勝った日は嬉しそうにスポーツニュースを夜遅くまではしごしていた。

〈数学が苦手で鳥になりました〉〈アマゾンで探すバールのようなもの〉 「川柳カード」6号(2014年7月刊)収録。