2014年7月23日水曜日

●水曜日の一句〔葛西省子〕関悦史



関悦史








蜂の子の手足出たるを食うべよと   葛西省子

結社「澤」では枯淡の境地からはおよそ遠い、肉食、悪食の句をよく見るのだが、この句もその一つ。

「食うべよ」の命令形は、この句では強制された、実際に食べたということよりも、目の前に差し出された蜂の子のグロテスクさの強調、およびそこからくる逡巡を示すために使われていて、まだ実際には食べていない。つまり「手足」が既に出ている蜂の子の外観が句のモチーフなのである。

ここは食べてみた後の句、味わいの描写なども見てみたいところだが、あるいは食べずに済ませてしまったのかもしれない。

純然たる好意からか、反応を楽しまれているのか、差し出した側の心情は判然としないが、差し出された側にとっては、およそ馴染みのない食材であることは句だけからも察しがつく。

一句の眼目は、昆虫食というだけでもふつう馴染みがないところへ、さらに不気味さを際立たせる「手足出たる」の変容途上ぶりであろう。昆虫の大半は加熱さえすれば食べられるとか、ヒトの祖先は、大型動物を仕留められるようになる前は貴重な動物性タンパクとして主に昆虫を食べていたとかいった話も耳にすることはあるのだが、そこを通して、普段は忘れている、動くものの生命を食うという営みの根源的な不気味さにまで一句が踏み込むということはなく、見慣れない食物を不意に差し出されたときの、一種の気分の華やぎのみが掬いとられている。この辺は作者の志向の問題なので、いいとか悪いとかいう筋合いのものでもない。

ところが、この慎ましくも身軽に、不気味なものの手前で身をひるがえしかねない、至極穏当な詠みぶりの中に置かれたことで「手足出たる」の異形が却ってめずらかな馳走の風情をまとい、美味そうに、また滋養もありそうに見えてくるという機微もあるので、やたらに踏み込むばかりが悪食の描き方とは限らないともいえる。


句集『正体』(2014.5 角川学芸出版)所収。

2014年7月22日火曜日

●廃墟

廃墟

銀座銀河銀河銀座東京廃墟  三橋敏雄

炎天は蒼し廃墟に貌よごれ  石原八束

アマリリス廃墟明るく穢れなし  殿村菟絲子


人に見捨てられた美しくも不気味な場所20選

2014年7月21日月曜日

●月曜日の一句〔山内節子〕相子智恵



相子智恵







ようけ飛んだらいやらしいで蛍は  山内節子

『七野七種』(2014.7 角川学芸出版)より。

印象的な一句であり、同時に印象的な一言である。きっと蛍が見られる美しい田舎で、言葉から関西だろうと思われる。発話者は土地の人だろうか。蛍が乱れ飛ぶ様子をよく知っているのだ。

調べてみると、蛍は幼虫や蛹のころから警戒行動として光り、成虫になると求愛行動として光るという。一匹二匹、飛んでいる分には蛍の恋の光は美しく儚く感じられる。だが一斉に飛ぶと、美しいというレベルを超え、生存競争でもあるのだから「いやらしい」ほどの力強さであり、鬱陶しさ、迫力なのだろう。宮本輝の小説『螢川』を思い出したりもする。

定型に収まらないリズムの言葉をそのまま一句にするというのは大胆だが、ほかが有季定型の句ばかりの一冊の中に、このような臨場感あふれる破調の句がポンと置かれると、作者の自在さに触れたような気がして、見ず知らずの方の句集が涼しく感じられてくるのである。

2014年7月20日日曜日

■プール

プール

大プールに母の幾人入ることか  谷雄介〔*1〕

底に手のゆらりと触るプールかな  南十二国〔*2〕

ループタイ解いて地底といたプール  井口吾郎


前記事:プール
http://hw02.blogspot.jp/2010/07/blog-post_26.html





〔*1〕『新撰21』(2010年/邑書林)

〔*2『俳コレ』(2011年12月・邑書林)より


2014年7月19日土曜日

●デスマスク

デスマスク

露けしや山と谷あるデスマスク  小久保佳世子

デスマスク蒼くうかめり楽燈めば  篠原鳳作

マスクメロンどのデスマスクにもあらず  小檜山繁子