2014年7月30日水曜日

●水曜日の一句〔岡本紗矢〕関悦史



関悦史








寒卵扉を開けるまで一人   岡本紗矢

心象性の強い句だが、無駄な物が置かれていない建築空間のような清潔さがある。

「寒卵」は閉じた扉を前にして一人でいる人物の喩的形象でもあるが、同時に、その人物とともに室内にある唯一の明示された具体物でもある。

つまり隠喩=心情の中に閉じこもることと、いつでも自由にそこを出て人に会いにゆけるような単なる物件として提示された建築との、ちょうど扉のような位置にこの寒卵はある。そして「扉が開くまで」ではなく、「扉を開けるまで」である。この扉は自発的に開けられるのだろう。一人であってもべつに孤独をかみしめているわけではなく、それはそれで全き寒卵と同様、静穏に充実しているのである。「寒卵」で一度切れており、扉を開けることを、卵の殻を破っての誕生・成長とそれにまつわる不安や期待などと重ねるべきではない。

寒卵と語り手の関係はもっと付かず離れずのものだし、それ以前にこの句の語り手はどこにいて、視点がどこにあるのかは思いのほかつかみがたく、カメラアイのように対象と離れているようでもあり、それでいてまなざしは寒卵や扉その他の内奥にまで夢の中のように静かに浸透しきっているようでもある。モランディの絵に近い感触である。

寒卵という物件がもたらす詩的感興のみを引き出し、敷衍する、その過程のなかに作者の何かが映り込んだ、一見ただの直線と見えるものがそのまま迷宮であるような句なのだろう。「寒卵」「扉」「一人」(及び語り手)の関係が、簡単に映像に置き換え得る単純明快なもののようでいて、じつは意外とたちが悪い。この「一人」がもし扉を開けて出て行ってしまった時、「寒卵」はただの取り残された物品となるのか、それとも「寒卵」こそが「一人」であることを生きている当の者なのだという真の姿が明らかになるのか。彼らは相互にもたれ合って存立しており、もし関係がほぐれたらその途端、筒井康隆『虚人たち』のラストよろしく「寒卵」も「一人」も「扉」も消滅してしまいそうな気配もある。そして扉が今のところ開けられないでいるのは、まさにそのために他ならないのだ。

初心の頃を過ぎると却って出来にくい性質の句かもしれない。


句集『向日葵の午後』(2014.6 ふらんす堂)所収。

2014年7月28日月曜日

●月曜日の一句〔鶴岡加苗〕相子智恵



相子智恵







四つ折の千円ひらく夜店かな  鶴岡加苗

『青鳥』(2014.7 角川学芸出版)より。

「夜店」という季語はノスタルジーとともにあると思う。社会人になると案外地元の夜祭には行かなくなるもので、親と行った幼少期や、小・中・高校時代に子どもたちだけで出歩くのを許された、自由な夜のドキドキ感など、現在ではなく、幼少から青春時代にかけての「懐かしさ」と結びついている気がする。歳時記の例句にもそのようなものが多い。

掲句、そんな「夜店」という季語を意外な場面で捉え、じんわりとノスタルジーを感じさせた。大人は普段使う千円札をわざわざ四つ折りに畳んだりはしない。それだけお金は日常なのである。だからこの四つ折りの千円札は、子どもが小遣いでもらい、小さな財布に入れていたものではないかと思うのだ。もしかしたら、お年玉などポチ袋に入っていた四つ折りの千円札を、お祭りのために大事にしまっておいたのかもしれない。お札の折り方で、作中主体の年齢が出ているような気がするのである。

〈飼へぬかもしれぬ金魚を掬ひけり〉という句もある。こちらは逆に冷静な視点があり、大人になってからの句ではないかと思われた。

2014年7月27日日曜日

2014年7月26日土曜日

2014年7月25日金曜日

●金曜日の川柳〔伊古田伊太古〕樋口由紀子



樋口由紀子






炎天に出てみてみみずそれっきり

伊古田伊太古

「梅雨明け十日」とはうまく言ったものである。梅雨明け宣言があってから、暑さは半端ではない。こんな日はむやみに外に出ると熱中症になってしまう。できることなら、屋内でじっとしているのにかぎる。

みみずならなおさらである。この猛暑に出てきたら、そりゃあ、だめでしょう。みみずは土の中に居てこその生き物である。でも、土の中からは外は眩しく輝いて見えるのだろう。一度は外を見てみたいと憧れるのは至極当然のことだろう。しかし、出てみて、「それっきり」になった。

「それっきり」がなんとも効いている。情け容赦ない言葉だが、笑ったあとでしんみりする。干乾びたみみずを見て、土の中でおとなしくしていたら、こんな姿にならなくて済んだのにと思ったのだろう。みみずを詠んでいるが、人間も私自身にもあてはまる。『川柳新書』(昭和31年刊)所収。