2014年10月31日金曜日

●金曜日の川柳〔八木千代〕樋口由紀子



樋口由紀子






まだ言えないが蛍の宿はつきとめた

八木千代 (やぎ・ちよ) 1924~

生活していく中で、「まだ言えない」「今は言えない」ことがわりとたくさんある。「つきとめた」のだから、やっとわかったのだ。そう簡単にわかることではないことがようやく判明した。しかし、「まだ言えない」。それも「蛍の宿」であるから、かなり意味深である。しかし、感情に流されるのではなく、理知的に判断している。

どういういきさつがあったのだろうか。つきとめようの思ったときから言わないでおこうと決めたときまでの時間の経緯、心の変遷。動詞がうまく機能している。少々複雑な内実がありそうだが、情念に流されることなく、客観的に見る冷静さ、心の動揺をうまくまとめている。『椿守』(葉文館出版 1999年刊)

2014年10月30日木曜日

●いわき市復興支援プロジェクト傳 カレンダー・いわきガイドブック頒布のご案内

いわき市復興支援プロジェクト傳
カレンダー・いわきガイドブック頒布のご案内

http://project-den.com/menu/TOP.html




申込メール ≫project_den@me.com

郵送 171-0021 東京都豊島区西池袋5-5-21-419 山崎祐子

2014年10月29日水曜日

●水曜日の一句〔望月周〕関悦史



関悦史








同じ木のふたつとあらぬ茂かな  望月 周

木の茂り全体を漠然と見ている目がやがて木の一本一本に移り、さらにはそれぞれの枝ぶりを追うようになる。そのときあらわれてくるのが「同じ木のふたつとあらぬ」という認識と感嘆なのだ。

皆違うということ自体は当たり前の一般論に過ぎない。その一般論が俳句になるために目が要した時間と動き、それが句の背後にあるのである。

そこから浮き上がってきた同じパターンに束ねることのできない無限の複雑さは、「自然の偉大さ」や「みんな違ってみんないい」といったメッセージに容易に接近してしまいもするのだが、一句はそうした出来あいのメッセージをすり抜けつつ、目の前の枝葉が織りなすパターンの無限性のみを、見慣れた風景から引き出していく。

現前する無限は畏怖や崇高の感覚を呼び起こす。呼び起こしはするが、意識されることがなければ、それは何の変哲もない茂りに過ぎない。目の前にある当たり前のものが不意にその意味と潜勢力を変えていく驚異に触れつつ、それを「かな」で無害な感慨へと収め込み、切り離す。平易な言葉のなかに、そうした認識と感情の運動がひそんでいる句。


句集『白月』(2014.9 文學の森)所収。

2014年10月27日月曜日

●月曜日の一句〔大峯あきら〕相子智恵



相子智恵







ことごとく大根引かれ大月夜  大峯あきら

句集『短夜』(2014.9 角川学芸出版)より

畝から抜かれた大根が、そのまま畝の上に置かれている収穫途中の風景だろう。土の上に大根がびっしりと横たえられている。

夜になった。見事な月夜だ。無数の大根たちは白々と月に照らされる。そこには身近な野菜である大根のもつ生活感はなく、大根はただそこにある物体として、白いオブジェのように冷たく光っている。

収穫の風景としては、引かれた大根が並んでいるのは珍しくはないのだが、月夜だからか〈ことごとく〉がどこか狂気めいて感じられ、それがとても美しい。大根の下には、月の光が届かない、無数の大根が抜けた穴が真っ暗に開いている。

2014年10月25日土曜日

●角川俳句賞・落選展、応募締め切りは、明日26日いっぱい

角川俳句賞・落選展、
応募締め切りは、明日26日いっぱい

お知らせはこちら↓
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2014/09/2-0-1-4.html