2018年2月20日火曜日

〔ためしがき〕 電話にあてがわれたメモ・パッド8 福田若之・編

〔ためしがき〕
電話にあてがわれたメモ・パッド8

福田若之・編


今日、普請道楽の人が純日本風の家屋を建てゝ住まはうとすると、電気や瓦斯や水道等の取附け方に苦心を払ひ、何とかしてそれらの施設が日本座敷と調和するやうに工夫を凝らす風があるのは、自分で家を建てた経験のない者でも、待合料理屋旅館等の座敷へ這入つてみれば常に気が付くことであらう。独りよがりの茶人などが科学文明の恩沢を度外視して、辺鄙な田舎にでも草庵を営むなら格別、苟くも相当の家族を擁して都会に住居する以上、いくら日本風にするからと云つて、近代生活に必要な煖房や照明や衛生の設備を斥ける訳には行かない。で、凝り性の人は電話一つ取り附けるにも頭を悩まして、梯子段の裏とか、廊下の隅とか、出来るだけ目障りにならない場所に持つて行く。
(谷崎潤一郎「陰翳礼讃」、『谷崎潤一郎全集』、第17巻、中央公論新社、2015年、183頁)



電話のベルを発明したのは誰だろう? 音楽家でないことはまず確かだ。電話のベルという名称は、その発明者の名前をへたにしゃれただけのものだろうか? あるいは電話はあのようにずうずうしい装置だから、その音も耳障りなものがよいということかもしれないが、ともかくこの問題についてはより一層の考慮が必要である。いずれにしてもわれわれが毎日、十回や二十回、この電話の音で気をそらされなければならないのなら、どうしてそれをもっと気持ちのよい音にしないのだろう?
(R.マリー・シェーファー『世界の調律――サウンドスケープとは何か』、鳥越けい子ほか訳、平凡社、2006年、485頁)




 土産屋にも煙草はあるが、アーミテジやリヴィエラと口をきくのは、ぞっとしない。ロビーを出たら、自動販売機のありかがわかった。幅の狭い窪みの、ずらりと並んだ公衆電話の奥にある。
 ポケットいっぱいのリラ貨を探って、小さな鈍色の合金コインを次々にスロットにほうりこむ。この時代錯誤の手順がなんとなく面白い。いちばん近くの電話が鳴りだした。
 無意識に、それをとりあげる。
「もしもし」
 かすかな調音、どこかの軌道リンクをわたる小さな聞き取れない声、やがて風のような音。
「やあ、ケイス」
 五十リラのコインがケイスの手から落ち、一度弾んでから転がって、ヒルトンのカーペットのどこかに見えなくなった。
「冬寂だよ、ケイス。話しあう時分だろ」
 素子の声だ。
「話したくないのかい、ケイス」
 ケイスは電話を切った。
 煙草が念頭から去って、ロビーに戻る途中、ケイスは一列に並んだ電話の前を歩かなくてはならなかった。各電話機が、ケイスが通るたびに、一度だけ鳴った。
(ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』、黒丸尚訳、早川書房、1986年、163-164頁。原文では「調音」に「ハーモニクス」、「冬寂」に「ウインターミュート」、「素子」に「チップ」とルビ)

2018/1/6

2018年2月19日月曜日

●月曜日の一句〔岩淵喜代子〕相子智恵



相子智恵






伸びるだけのび啓蟄の象の鼻  岩淵喜代子

句集『穀象』(ふらんす堂 2017.11)所収

象の長い鼻はつくづく不思議な進化だと思う(もちろん象から見たら人間だって不思議な進化だろうが)。〈伸びるだけのび〉は、今現在、目の前にいる象が伸ばしきっている鼻のことを詠みながらも、そのような長い進化の過程をも思わせる。

地中の虫がみな動き出して外に出てくる頃という「啓蟄」という季語が〈象の鼻〉の前にいきなり挿入されることで、鼻は象に寄生し、意志をもって伸びていった別の生き物のようにも感じられてくるのが面白い。鼻の意志が、鼻を伸ばせるだけのばしたのだ。そんな不思議な味わいが、啓蟄という季語によって生まれているように思う。

2018年2月18日日曜日

〔週末俳句〕キャッスルウォーク 岡田由季

〔週末俳句〕
キャッスルウォーク

岡田由季


参加しているネット句会の投句の締め切りが、週末に重なるので、土曜日は、まとまった句数の俳句を作ることになります。今週は、それに加えて日曜のリアル句会に持って行く句も必要。

お題が出て、締め切りに追われて、作る。創作の態度として、いかがなものかと思いますが、私の場合、天から俳句が降ってきたりしませんから、そのように自分を追い詰めないといけないのです。

家で考えてばかりいても煮詰まってしまうので、気分転換と、句材を拾いに、出かけることにしました。4月に吟行を企画しているので、下見も兼ねて岸和田城へ。

電車に乗るのは、ほんの10分の上、俳句も考えなくてはならないので、出先で本を読む時間が無いのはわかっているのですが、なんとなく、読むものは持って行きたい。そんな時、句誌は便利です。薄くて軽い。手近にあった
『晴』を鞄に入れました。1月に創刊された川柳誌です。

岸和田城の天守閣に上るのは10年以上ぶり。昭和に再建されたコンクリートの城ですが、細かなことは気にしない。堀にキンクロハジロとホシハジロがいました。二の丸には、以前猿が飼われていたのです。あの猿はどこへ行ってしまったのか・・。






岸和田を散策すると、最後はスターバックスコーヒーに寄るのが習慣となっていました。海が見えるスタバ、景色が気に入っていたのです。ところが、商業施設ごと改装工事に入ってしまい、あまりに長く改装中が続いているので、いつの日か
本当に、リニューアルオープンされることがあるのか、心配しているところです。

結局、『晴』も開かず、句もたいして作れずに、ただただ歩き回って帰宅しました。タブレットの万歩計アプリを見ると、一万九千歩、歩いたことになっています。

柳誌『晴』の編集発行人は樋口由紀子。最初に樋口さんの川柳を読んだときには、俳句に近いと感じて、その後、いやいや、川柳は全然違うんだ、と思いなおしたり。『晴』創刊号には、こんな句が。

爺さんの帽子明日へまっしぐら  松永千秋

風の強い中を歩き回った、今日の気分に合っています。

ところで、『晴』の表紙絵を描いているのは、野口毅さん。昨年末、句集『のほほんと』を上梓された野口裕さんの、御子息です。『のほほんと』の表紙のゴリラも毅さん画。






何回か、野口毅展を見に行ったことがあります。その印象で言うと、『晴』の表紙絵の方が、ぱっと見て、すぐに毅さんの絵だとわかる感じ。

俳句に関しては、当たり前のことを言わない野口裕さんですが、息子さんの話題になると、当たり前のお父さんの表情になることは、ここだけの話です。



2018年2月16日金曜日

●金曜日の川柳〔二村典子〕樋口由紀子



樋口由紀子






百メートル道路に平行しへんけい

二村典子

「平行しへんけい」の字面に停止した。「平行四辺形」と書くのがフツウなのに、視覚的効果抜群である。違う表情が見えたような気がした。「平行四辺形」は無理矢理押えられて歪んでいるみたいで、それでいて相対する辺は律儀にもそれぞれ互いに平行を保っている。以前からへんな形だと思っていた。

名古屋の二本と広島の一本が知られている戦災復興の都市計画に基づいて建設された「百メートル道路」に時空を超えて、そんな「平行しへんけい」がずっと横たわっているのか。あるいは「百メートル道路に平行し、へんけい(変形)」と読み、「百メートル道路」の歴史的意味合いをひっかけて、ゆがみを表出しているか。読みは広がっていく。〈土星は水に浮かばないない〉<一体全体ほうれんそうゆでたてで〉<かきつばた角と隅とがかきづらい〉 どの句も抒情は置き去りにしていて、かっこいい。「川柳ねじまき#4」(2018年刊)収録。

2018年2月14日水曜日

●タクシー

タクシー

タクシーのぬくき充満双子の歌  和田悟朗

タクシーの無線飛び交ふ花火の夜  大島民郎

心の隙に夜霧のタクシー近寄り来  岸田稚魚

人日やタクシードライバーの背中  瀬戸正洋〔*〕


〔*〕瀬戸正洋句集『へらへらと生まれ胃薬風邪薬』(2016年10月/邑書林)