2014年10月22日水曜日

●水曜日の一句〔宇多喜代子〕関悦史



関悦史








風のユーラシア月下のユーラトム  宇多喜代子

出だしの「風のユーラシア」は騎馬民族やモンゴル帝国でも出てきそうで、ユーラシアの中でもアジア寄りの、乾燥した平原に風を受けつつ立っているような視点を思わせる。

ところがそれに続くのが「ユートラム」。これは国際機関「欧州原子力共同体」の略称である。歴史ロマンの世界からいきなり現代の原発へと関心が移るが、空間的にはヨーロッパはユーラシアの一部、時間的には歴史の末端が現代なので、飛躍していながら連続性があり、連続していながら眩暈を呼び込む(それを強める「ユーラシア」「ユーラトム」の押韻的効果についてはいうまでもあるまい)。

しかし「ユーラシア」も「ユーラトム」も視覚的な像をほとんど喚起することのない言葉である。ことに後者は、本部ビルのようなものはブリュッセルのどこかにあるのかもしれないが、それを読者が想起し得る可能性はあまり見込めず、近代都市・建築・会議場・原発といったものの断片がごく漠然と重なりあうことになるだけだろう。

とはいうものの、一句の語順を追うと、内容的な飛躍とは別に「風のユーラシア」の水平性から「月下」で一度視点が天へ吊られ、そこから再び降りてきて「ユーラトム」に至るという垂直性も加わり、時空・視点の移動から句は立体感を得ている。そして抽象的で巨大な名詞ばかりで組み立てられた句に見えながら、その全てが認識する主体につかねられているという肉体性の手応えがどこかにあるのである。

時空・自然・社会・歴史といった大きなものを弓として、その引き絞られた弦の一点に一個人がいるという緊張関係が句の裏側を貫いているというべきだろう。その緊張関係を成すのが「ユーラシア/ユートラム」の違和の発見なのである。


『宇多喜代子俳句集成』(2014.8 角川学芸出版)に、未刊行第7句集として収められた『円心』所収。

2014年10月20日月曜日

●月曜日の一句〔菊田一平〕相子智恵



相子智恵







草の束毟つて濯ぐ芋煮鍋  菊田一平

句集『百物語』(2007.12 角川書店)より

河原での芋煮会が終わり、空になった大鍋を洗っている。川の水を鍋に入れ、河原に生えている草を束にして毟り、その草でゴシゴシこすって汚れを落としているのだ。現代の観光化された芋煮会ではないような、野趣あふれる句である。

毟り取った草の香りは、夏草とは違って乾いた香りがするだろう。晩秋の川の水も、夕暮れ時の川風もきっと冷たく、せっかく芋煮で温まった体も、すぐに冷えてしまいそうだ。秋の日はあっという間に暮れてゆく。草の束という自然のものを使い、全身の力を込めて大きな鍋を濯ぐ河原での風景は、五感のすべてをむき出しにして晩秋という季節を感じさせてくれる。力強い一風景である。

2014年10月19日日曜日

●角川俳句賞・落選展、応募締め切り、迫る

角川俳句賞・落選展、応募締め切り、迫る

お知らせはこちら↓
http://weekly-haiku.blogspot.jp/2014/09/2-0-1-4.html

2014年10月17日金曜日

●金曜日の川柳〔松岡瑞枝〕樋口由紀子



樋口由紀子






毬をつくまだわからぬかわからぬか

松岡瑞枝 (まつおか・みずえ) 1955~

毬を打つ音が聞こえきそうである。手の勢いはますます強くなり、てのひらが真っ赤になっていくのを想像する。「まだわからぬかわからぬか」は自分に怒り、自分に言いきかせている。しかし、現実はどうすることもできない。

何をもってきても、不安やいらだちは解消できない。気を紛らせることも現実逃避もできない。じっとしておれなくて、他のものを傷つけ、しいては自分を傷つける。いくら毬を打っても、現状は変わるわけではない。そのことは作者が一番よく知っている。毬はあきらめきれない、作者の心であり、痛々しい。独特の感情表現である。

〈逢いたさにしゅんしゅん沸いているやかん〉〈許されたように色差す桃の疵〉〈仕事ですからとおもちゃになるお猿〉〈抜き取っておく折紙の金と銀〉 『光の缶詰』(2001年刊 編集工房・円)所収。

2014年10月15日水曜日

●水曜日の一句〔尾野秋奈〕関悦史



関悦史








晩秋の空は青くてたいくつな  尾野秋奈

先日たまたま大型台風が来たばかりだが、人はそういうことはあまり記憶しない。自然災害の多い折から、静かに澄んだ空ならば恩寵のようなものなのだが。

ただ、この句はそういう方向の話はちょっと置いておいて読むべきもので、季語として馴染みすぎた「秋の空」を「晩秋の空」へと微妙にずらして写実へと踏み込み、大きく澄んだ青さのみを提示している。

ジェームズ・タレルの現代美術作品のように、空を改めて物質として見せ直してくれる、崇高さを帯びてなおかつ気持ちのよい句ともなり得たはずだし、じっさい半ばはそうなっているのだが、下五「たいくつな」は静かな空をあらわすための修飾として働いているのと同時に、語り手本人の感情の次元に句を引きつける(あるいは引き下ろす)役割を果たしている。たとえそれが逆説的に、明るく大らかな讃嘆の言葉となっているにしてもである。

言い方を変えれば、ここには非人間的なスケールのものと、それへの人間的な反応との微細な不和が描かれているのだが、句の重心は自己の心証の方に傾いている。

しかしこの微細な不和は、世界と人間の関係の根幹に横たわるものとも言えるので、「晩秋の空」はそれにどう対応するかという倫理的な問いに近いものとして迫ってくる。いや、ただ在る。


句集『春夏秋冬』(2014.5 ふらんす堂)所収。